第31回月例会報告(5/22)


◆5月22日(木)。藤沢市労働会館。好天に恵まれ、気持ち軽やかに120人ほどが参加されました。先月の入会者で会員が333人になりましたので、冒頭の挨拶で、来し方を振り返ってその報告をしました。
「今日は31回目の例会です。思えば、3・11の東日本大震災のあった年、2011年の6月と7月にオーボエ四重奏のチャリティコンサートを、この会場と鎌倉で開いたのを機会に、2011年10月にこの会の例会を70人ばかりの方々でスタートさせて以来、2年半と少したって、先月の例会で会員は333人に達しました。トリプリ・スリーが、なにかラッキーな数字に思えて、ご報告いたします。
これも童謡や愛唱歌を普段に歌って、元気・勇気・生き甲斐・健康長寿を掴み取ろう、という私たちの会の趣旨が皆様に受け入れられてきた結果だと思います。嬉しい限りです。今後とも、皆様方の一層のご支援をお願い申し上げたいと思います」

◆この日の歌唱指導は、お馴染みの声楽家おざきかよさん、ピアノ伴奏は堀部ともよさん。そして、こう紹介しました。
「お手元に今月の月報をお配りしてあります。その中で、“人は快感を求めて歌う”という永六輔さんの説について書いておきました。今日も「2時間近く歌って十分に快感だった」と言っていただけるといいですね。おざきさんとともに10数曲たっぷり、じっくり歌っていただきたいと思います」

 <皆で歌った歌>
 (前半)茶摘、チューリップ、酸模(すかんぽ)の咲く頃、若葉、田植、花
 (後半)花の街、あざみの歌、野薔薇(シューベルト)、五月の歌、アルプス一万尺、森へ行きましょう

(以上 文責:宮崎)

最近のコメント

    アーカイブ