♪「ピアノ・デュオ名曲コンサート」のレポート(4/18)


4月18日(月)。世界の二台名器、スタインウェイとベーゼンドルファーによる髙橋望&伊藤憲孝の「ピアノデュオ名曲コンサート」を、鎌倉芸術館小ホールで開きました。
会場の確保から始めて1年がかりで準備してきた「湘南童謡楽会」が主催する乾坤一擲のコンサートは、晴天にも恵まれ、春爛漫で極上の音楽日和でした。
600人収容の会場は半分近くが埋まり、来場者の期待と熱気で満たされました。そして、聴衆はスタインウェイとベーゼンドルファー2台の名器の音の響き合い、髙橋望さん・伊藤憲孝さん2人の練達の演奏に聴き入りました。
演奏曲は下の写真(データ)の通りです。2人のプロフィルと合わせてプログラムごとご覧下さい。

20160418ピアノ・デュオ名曲コンサートプログラム表

20160418ピアノ・デュオ名曲コンサートプログラム中面

心を撃つグレートな競演は聴衆の耳を、眼を、心を鷲づかみにしたのです。曲ごとに大拍手が鳴り止みませんでした。言うまでもなく大好評で、アンケートの回答用紙もその声で溢れていました。
スタインウェイとベーゼンドルファー2台のピアノによるコンサートは極めて珍しいと、芸術館から演奏中の写真の撮影を依頼され(もちろんOKし)、会としては面映くもあり、胸を張る気分でもありました。
休憩時間に、許可が出て、来場者の方々は舞台に上がり、2台の名器を眼に焼き付けていました。
                     * * *
この日、スタッフ7人は午前9時に会場に集合、いっぱいある準備の仕事を手分けしてしっかりこなしました。会場入り口のドアの前には、午後1時ぐらいからボランティアの女性4人が入場案内などのために立ち(開場は午後1時半)、支援して下さいました。この場を借りて厚くお礼を申し上げておきます。
2台のピアノは、もちろん調律しなければならず、髙橋さんとお付き合いのある会社の調律師が午前9時から11時半まで超特急でやり遂げてくれました。
演奏者2人はそこからリハーサル、午後1時まで入念に準備し、本番に備えたのでした。
コンサートはこうして午後2時に開演。最後、アンコール曲を演奏し、午後4時過ぎに終演しました。
湘南童謡楽会の会員の皆様、沢山チケットを購入していただき、また友人知人へ奨めていただき、誠に有難うございました。同じく、ご来場下さった会員以外の皆様、誠に有難うございました。
このことを当レポートにも記し、改めて衷心より厚くお礼申し上げる次第です。
聴衆の皆さんの評価の通り、このコンサートは大成功でした。堂々と、そう総括しておきます。
ご協力いただいた皆様、本当に有難うございました。

(文責:宮崎)

最近のコメント

    アーカイブ